食文化と食の課題

食文化と食の課題

なぜ肉食を止める人が増えているのか?|動物倫理、環境問題など食肉に起因する問題をまとめて紹介

 カフェやレストランでは、ビーガンメニューが少しずつ見られるようになり、スーパーやコンビニでも大豆ミートやプラントベースチーズといった言葉をみかけるようになった。  そして肉を食べることを止める人、肉を食べる機会を止める人が増えてい...
食文化と食の課題

畜産の環境問題を浮き彫りにした痛烈なドキュメンタリー『Cowspiracy:サステイナビリティ(持続可能性)の秘密』について|内容紹介と評論

 肉や乳製品の生産が地球環境に大きな負荷を与えており、肉や乳製品をやめれば環境問題が解決する。しかし環境団体や政府はなぜかその事実に一切言及しない。そんな衝撃的な事実を突きつけるのが、Netflixで配信されている『Cowspiracy:...
食文化と食の課題

なぜ完全食が生まれたのか? 完全食は私たちに何をもたらすのか?

 健康を維持にするために必要な栄養素がすべて入っている食べもの完全食、もしくは完全栄養食が注目されている。  一昔前の完全食といえば、卵や玄米、その他や肉、野菜、炭水化物がバランス良く入っている食材や料理そのものを指した。一...
スターバックス考察

マクドナルドは安価、快適、便利な場所を提供する社会に欠かせない場所

 マニュアル化、合理化のために人間性を排除した資本主義の権化として、ジャンクフードの代表格として、一部の人から忌み嫌われるファーストフードチェーン「マクドナルド」。  しかしマクドナルドが提供しているその空間を見てみると、インフラの...
スターバックス考察

図書館とスターバックスが隣り合わせになった複合施設「エトモ池上(2021年4月オープン)」を訪問しての雑感

 2021年の4月に東急池上線・池上駅がリニューアルし、複合施設であるエトモ池上が完成した。この建物の4階にはスターバックスがあるのだが、それと隣り合うようにして図書館がある。 スターバックス池上店の写真、隣に図書館がある ...
食文化と食の課題

身近に存在するカニバリズム|みんなカニバリズムで大人になる

人間における最大のタブーといえばカニバリズム、すなわち人間を食べることだ。死んだ人間であっても無論、たとえ餓死の危機に瀕しているとしても、現代においてカニバリズムは絶対に許されない行為ということになっている。 一方で実は、多くの人間がカニ...
食文化と食の課題

リニューアル後の宮下パークで感じた肯定的感情と否定的感情

渋谷の宮下パークがオープンした。 宮下パークとは東京都渋谷区にある、複合商業施設のことだ。以前は宮下公園があった土地が、渋谷の再開発計画とともにリニューアル。 宮下パークは3階建てで、ブランドショップや飲食店が入った商業施設と...
食文化と食の課題

日本人はなぜ最近まで牛乳・乳製品を食べなかったのか?

 チーズやヨーグルト、バター、そして牛乳。乳製品は現在の日本の食卓には欠かせないものになっている。  しかし日本人が日常的に牛乳を飲み、乳製品を食べる最近になってからだ。また日本の伝統料理を振り返ると、乳製品を使った料理、菓子は皆無だ。(創...
書評・書感

『チーズと文明(ポール・キンステッド)』の書評|チーズの歴史を世界史の中で読み解く一冊

日本でチーズを一般的に食べるようになったのは昭和になってからだ。チーズを食べるようになって日本人はまだ100年もたっていない。 当然、日本の伝統料理にチーズは登場しない。 一方で、ヨーロッパ、近東において、チーズは欠くことができない重要な食...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました